岩苔玉 大手毬 紅葉  です。

大手毬は大葉です。 盆栽としてはちょっとかな  っと言う感じです。 でも 春の真っ白い花が見事です。 自分が好きな樹を育てていると 意外な喜びに出会います。 それが今日の大手毬の紅葉です。 意外に綺麗な紅葉の第四弾です。 大手毬の育て方及び春姿はこちらでどうぞ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小品盆栽 もみじ 獅子八房 紅葉 です。

獅子八房はもみじの園芸品種です。 春姿は 濃い緑の切れあがった葉型で大満足です。 2015年は こちら東京・府中は紅葉が早いようです。 いつもなら 12月初旬頃に色ずくのですが、まあまあの色合いです。 もみじの育て方及び獅子八房の春姿はこちらでどうぞ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小品盆栽 もみじ 待宵  紅葉  です。

待宵はもみじの園芸品種です。 私は もみじの紅葉の色合いで 赤でなく赤橙が好きなんですが もみじではなかなか赤橙になってくれません。 2015年の待宵は 期待に答えてくれました。 と言っても 他の樹では赤橙になる種は沢山あります。 もみじの育て方はこちらでどうぞ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニ盆栽 宮島もみじ  紅葉です。

紅葉が綺麗で有名な観光地のもみじは 観光に行った時に種を拾うか、 今年芽の出た苗を見つけるかして採ってきて 育てると 将来とても綺麗なもみじになります。 (基本的には観光地から採ってきてはいけません でも 一つや二つは一般的にはOKです。 気になるなら土地の観光協会に聞いて実施します) 子は親より劣ると言っても …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付 蔓梅擬(つるうめもどき) 黄葉  です。

意外と綺麗な 紅葉(黄葉)の第3弾は投稿の蔓梅擬です。 その年の気候にも左右されますが、 金色に輝く年もあります。 2015年は並みです。 蔓梅擬は実姿が楽しみです。 岩苔玉上の右の赤い葉は南天です。 蔓梅擬の実姿と育て方はこちらでどうぞ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付 大文字草 白花 です。

育てていると 大文字草の白花はどんどん増えます。 知らぬ間に 近くの他の鉢植にも 大文字草の小さな葉芽が出ているのに気が付きます。 それが成長して花が咲くころになると 赤花の血を受けたのかピンク色花もでます。 全体は当然白花が主ですが、 白花は白花で綺麗です。 大文字草の育て方はこちらでどうぞ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小品盆栽 ずい菜 紅葉 です。

意外に綺麗な紅葉の 第2弾はずい菜です。 紅葉樹としての馴染みは薄いでしょうね。 でも 東京・府中の 気候に厳しさのない町でも 投稿写真の程度になります。 もう少し遅らせて写真を撮ればもっと真っ赤になります。 ずい菜の春姿及び育て方はこちらでどうぞ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付 大文字草 赤花 です。

大文字草の赤花は 白花より少し難しいです。 難しいのは「長年育て続けること」がです。 数年育てるのは問題ありません。 赤花の種を採って蒔くと 白花やピンク系統の花や赤花になります。 色の濃い赤の種は選別します。 大文字草の育て方はこちらでどうぞ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小品盆栽 采振木(ざいふりぼく)の黄葉です。

采振木は黄葉が綺麗です。 今年は ちょっと赤味が混じっています。 采振木は花が咲いて実が熟す迄の期間が短くて 気の短い私にはもってこいの樹です。 1本でも実が付きます。 おまけに 秋の黄葉はもうけたもうけた っと言う感じでの綺麗さです。 采振木の花姿や実姿はこちらでどうぞ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超ミニ盆栽 山もみじ 紅葉 です。

超ミニ盆栽は 育てるにあたり 気象変動による 初夏からの紫外線の強さに往生しています。 この現象は 世界的に問題と成っている地球温暖化による気象変動でしょう。 特に約10年前からが顕著に現れだしました。 日の水遣りの回数や 日陰の工夫等していますが 対応しきれません。 投稿の山もみじは 挿し木の6年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中品盆栽 柿 西村早生 です。

西村早生は10月初旬までには熟します。 早生ですから早いです。 果肉に黒い胡麻状の模様があるので更に食欲をUPします。 胡麻柿とも呼ばれます。 柿の育て方は難しいです。 鉢で実を付けるのは まず雄花が必要ですし 実が付いてもヘタ虫にやられたり、生理現象で落下したりで 慣れるまで苦労します。 なんでもそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付 杜鵑草(ほととぎす)です。

この杜鵑草はどこでも見かけます。 ちょっとした野山でも いっぱしの険しい山でも 野原でも 公園でも 見れます。 昔から馴染みの深い杜鵑草です。 結構気難しいです。 気候、日当たり、湿度等で 花の色が薄い空色~濃い紫色までと 毎年別種の様に違ってしまいます。 今年は薄い色の配合です。 葉を綺麗に保て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超ミニ盆栽 櫨の木 紅葉  です。

櫨の木は まだあまり冷えのない こちら 東京 府中でも色づいてくれます。 それも こんなに早い時期からです。 普通 東京・府中近辺の紅葉は 近くの高尾山で11月初旬頃からです。 櫨の木の素晴らしいのは あまり冷えのないこちらでも なるほど紅葉だ と言える色合いです。 ガーデニング店では この櫨の木の種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付 薔薇 オクラホマ です。

オクラホマは古い品種です。 華やかな色の薔薇の中で地味な品種です。 但し オクラホマは 香りの良さは(品のある香りかつ香りの強さ)最高です。 西洋薔薇で春から咲かせていると 秋まで咲きます。 広い庭植や せめて大きな鉢なら 夏の花は貧弱になってもなんとか咲かせ続けられます。 でも 基本的には咲かせ続けな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山野草の小品盆栽の紀伊 上臈 杜鵑草(きいじょうろうほととぎす)です。

2004年頃から 葉を綺麗に保つのが非常に難しくなりました。 特に小さい鉢はダメです。 理由は 初夏の頃から紫外線が非常に強くなった為です。 相当日除けをしても なかなか葉が綺麗に保てません。 花芽は簡単に付きます。 今のところ 葉を綺麗に保つ方法は 地植や大きな鉢(30cm径の深鉢)にして かつ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小品盆栽の飯桐の実姿です。

飯桐は高木です。 小品盆栽で花を咲かせて実を成らせるのは ちょっと難しいです。 と言っても 私が出来てるのですから 少し辛抱して水遣りをしていれば実がなります。 実姿は 辛抱に値する美しさです。 自分の故郷の里山辺りに 今頃真っ赤な実姿が見れるはずです。 こちら 東京・府中では 近くの 都の府中の森公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付  吾亦紅(われもこう)です。

万葉時代の人々は こんな風情のある吾亦紅を どうして和歌に詠まなかったのでしょうかね。 秋の七草にもないし。 まあ良いか。 私一人で 吾亦紅の良さを 若い人や未来の人々に訴え続けるとしよう。 ちょっと 格好を付け過ぎかな。 まあでも この良さを見てやってください。 吾亦紅の育て方はこちらでどう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山野草のミニ盆栽の鈴蘭の実姿です。

鈴蘭の花は 何故かこの歳になっても好きなんですね。 思い出がいっぱい詰まっていて 花や葉や実も感動です。 私の若い頃に ユースホステル(確かドイツの発案で世界的組織)と言う 安い宿泊施設が動き始めた時期で よーし  と 仲間と テントで暮らしつつ偶にユースホステルに泊まると言う計画で 安い北海道1周旅行を計画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付 木萩です。

山萩等と比べると 花の色合いが 昔ながらの味わいと比較して薄い気がしますが、 まあこれはこれでしょうかね。 2015年は 思い切って8月に枝を切ってみました。 あまりに遅い枝切りで (公園や庭植では枝は切りません) 花芽がつくかちょっと心配しましたがなんとか花芽が付きました。 萩と言えば 枝垂れて風に流されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付 山野草 沙参(しゃじん)です。

山野草の沙参は 私の様々な山野草の中で一番人気です。 特に女性に人気があります。 男性はあまり興味を示さないですね。 男女で興味の差があるのは当然ですが、歴然としているのが また面白いですね。 私の家は植物への風通しの為に塀がありません。 家族からは不用心だと30年間も小言を言われています。 この状況で しゃじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付 山査子 実姿です。

山査子は白花と赤花があります。 白花は一重咲で今日の投稿のごとく実が成ります。 赤花は八重咲で実は成りません。 歳を取ると 近年日本で流行っているらしい 可愛い と言う感じを好むようになって 樹も 単純明快な樹形や 実や花の数も数の少ない樹を好むように なってきています もっとも 日本で流行っている可愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付 姫擬宝珠(ひめぎぼうし)です。

投稿の苔玉付は 皐月が主力です。(岩苔玉上の擬宝珠の背後の樹) 皐月と同じ苔玉上に擬宝珠は似合うかな っと疑問に思いながら植えてみました。 大きな擬宝珠はつり合いがとれないだろうなと思ってました。 そこで 背丈の低い擬宝珠はないかなーとおもっていたらありました。 姫擬宝珠です。 でも 「そうは問屋が卸さない」 で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小品盆栽 凌霄花(のうぜんかずら)の洋種(ピンク)です。

初夏から真夏に咲いている 橙色の群れた豪華な凌霄花を良く見かけます。 庭植で 数年育てて 家の壁や垣根にそわせた姿は素晴らしいです。 投稿の洋種はピンク色で 少しよわよわしく繊細な感じです。 東京・府中の大国魂神社の祭りの植木市で買いました。 10cm程の1苗が300円でした。 約20年前です。 冬だけ暖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小品盆栽の児の手柏 です。

馴染みが薄いと思います。 広い意味で言いますと くろべ、あすなろ、ひのき、ひむろ等の針葉樹です。 庭木としては偶に見ます。 庭園、公園ではあまり見かけません。 実が成熟してきましたので 投稿します。 このてかしわの育て方はこちらでどうぞ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小品盆栽 梅擬(うめもどき)です。

梅擬の小さな小さな実がぽつぽつと赤くなってきました。 盆栽樹の実は 小さいのが好まれますが、その典型とも言えます。 育てるのに苦労しているのは 2010年頃から 特に 夏の日差しが強くて この実が赤くなるころに葉がちりちりとなって焼け焦げてしまうことです。 日除けをすれば良いのですが、 様々な樹を日除けで賄えれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付 黒松 です。

盆栽と言えば常緑樹です。 特に黒松です。 私が 盆栽に興味を持ち始めた頃は(50年前) 有名な盆栽士の談で これはどこどこの山取樹だとか 三河産だとか 四国産だとか 地域の特徴のある樹が人気でした。 自然樹の中で 樹の根張りや 樹の幹の古木の相や 樹の枝ぶりや 葉が短く緑黒く詰っている樹を探し出して自慢にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中品盆栽  柿  次郎柿 です。

甘柿は雌花が多いです。 同時に 雄花の樹も育てないと実が付きにくいです。 私は 禅師丸と言う雄花と雌花を咲かせる樹を育てています。 尚 渋柿は1本でも実が付きます。 特に鉢植の場合 柿は ヘタムシや 自然落下や 結構様々な事で実を確り付けるのに苦労します。 (庭植は少し簡単ですがでも年によって実が落下してしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石付の無花果 ドーフィン の 実のあかちゃん です。

無花果は葉腋から 突然 ぷくっと小さな実のあかちゃんが出てきます。 他の樹のように 花が咲いて実が付いてと言う過程が見れません。 投稿の 無花果はドーフィンと言って 夏果と秋果の兼用種です。 私の子供の頃は あちこちの家の庭に無花果の樹が植えられていました。 無花果の実のあかちゃんの姿は 投稿写真の正面…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小品盆栽 百日紅 です。

植物園、公園、庭木、街路樹と どっちを向いても 見る事が出来ます。 秋の中旬ごろまで咲いてます。 なんでもそうですが、 咲き始めは良いですが、 特に百日紅は長い期間咲いているので 人によっては飽き飽きするでしょう。 鉢で咲かせるには 春から伸び出した枝が6節ぐらい伸びたら 3節まで切戻します。 すると切った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小品盆栽 木通(あけび) 青実  です。

木通は 鬱蒼とした森の中の蔓性の樹です。 日本の古き良き時代に 山遊びをしていた農村の子供は 「おやつ」かわりに食べました。 あけびの中の果肉がゼリー状で甘いです。 今頃の人は 名前は知っていても食べたことはないでしょう。 鉢で実を成らせるには 2種類の木通が必要です。 私は 三つ葉あけびと五つ葉あけび…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付 ブルーベリー キャラウエイ です。

盆栽狙いで 小さな樹ですが、 実も十分食べられます。 ちょっと工夫は必要です。 それは 花が咲いて小さな実が出来始めた頃 (実は飽きるほど出来ます) 出来た小さな実を半分ほど減らします。 盆栽とか鉢植では 実を食べたいときと 樹を疲れさせない為に 実施します。 ブルーベリーは 生産者でも葡萄の様に 房…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小品盆栽 郁子(むべ)です。

郁子は 雌雄異花同株です。 花は沢山咲くのですが、 雄花ばかりで雌花が少ないです。 特に小品盆栽にしようとすると 樹力が落ちて 更に雌花が少なくなります。 私の感じでは 雌花の咲く確率は1/500です。 その数少ない雌花が実に成る確率も減ります。 これは 小さな鉢で育てた場合の確率で 大きな鉢や庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小品盆栽 もみじ 三笠錦 です。

三笠錦はもみじの園芸品種です。 梅雨時は 緑の葉が映えて 樹木の緑が目にしみます。 近くに 緑葉の綺麗な 都の府中の森公園があります。 元は日本軍で 次に米軍の基地で 次に自衛隊で 今返還されて都の公園です。 府中も日本のどの地域とも同じく戦争に翻弄されています。 私は盆栽と遊びつつ その合間に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苔玉付 銀杏です。

日本の 並木道の 代表的な樹です。 そんなに馴染みな樹なのに なぜだか盆栽の樹としても人気です。 盆栽は基本的には大葉は嫌います。 でも 初夏の 薄く濃く輝く緑 秋の 想像を絶する金の瞬き等で 人々に好かれる良さを随所に持ち合わせている為でしょうね。 盆栽的には 育てると樹勢が強くて 始終芽摘みを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苔玉付 九蓋草(くがいそう)です。

九蓋草は 鳥が糞をして 糞の中の種が生育してくれました。 それが なんと一番大事にしている冬の花蕨の苔玉でした。 初めは 葉芽が出て 草の茎が伸びてもなんの草かなと訝っていました。 雑草として 抜かずにおいたことはじぶんでも感心しています。 盆栽でも 野菜作りでも 雑草をほっておくことが一番悪いことです。 雑草…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小品盆栽 熊柳 です。

熊柳の 最大の特徴は 今年の実は 昨年の花が実となって赤くなり 熟すと紫黒くなります。 今年は今年で当然今年の花が咲きます。 昨年の花が実となって熟す頃 また同じ時期に花が咲きます。 ですから 毎年同じ時期に花と実が見れる楽しい植物です。 でも 私は盆栽として育てていますので 基本的には 花の後 実の付く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付 捩花(ねじばな) です。

場合によっては 雑草扱いの捩花も 見方によっては可愛らしいでしょう。 育てるにあたっての 捩花の難点は移植に弱いと言うことです。 ここに住んでほしいと願うところに移すと枯れてしまいます。 ほっとくと 種でどんどん増えてくれます。 捩花の育て方はこちらでどうぞ。 この捩花は 栃木県のシャープの矢板工場の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉 屋久島 女郎花(おみなえし)です。

屋久島 女郎花が咲きました。 女郎花と言えば当然秋の花です。 秋の七草の一つです。 ところが、 この屋久島女郎花は 2回/年咲いてくれます。 2度目は正式というか ちゃんと秋に咲いてくれます。 秋の七草はこちらでどうぞ。 屋久島 女郎花 の育て方はこちらでどうぞ。 投稿の 岩苔玉付は同じ山野草ですが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小品盆栽 もみじ 姫羽団扇  です。

姫羽団扇はもみじの園芸品種です。 自然に生えている樹として 北海道や本州の1000m級の山地に分布する 羽団扇もみじがあります。 羽団扇もみじは 葉が大きくて 天狗の持つ羽団扇に似ているところから付けられたようです。 羽団扇もみじは別名を名月かえでと 言われてます。 この羽団扇もみじの改良品が姫羽団扇です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小品盆栽 五色楓 です。

五色楓は 春の芽出しから 段々と葉色の数を増やしてくれて 夏にかけて 1樹でありながら 様々な景を見せてくれます。 樹の力はちょっと弱いところがありますが、 特に鉢土の乾きに気を付けて 水遣をすれば問題ありません。 五色楓の育て方はこちらでどうぞ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付 姫月見草 です。

もう お月見ですか  っと言われそうです。 そうなんです。 姫月見草は 2回/年も咲いてくれます。 次は9月で 本来の月見の頃です。 何度も楽しめて嬉しいですよ。 投稿の岩苔玉は 全体の重心位置を変えることによって 同じ岩苔玉付でも 景を変えて楽しめます。 姫月見草の育て方はこちらでどうぞ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山野草盆栽 花菖蒲 紫鳳殿 です。

花菖蒲は 江戸の文化の伝統園芸だそうです。 浮世絵に見られる花菖蒲と言う研究書まであります。 堀切菖蒲園は私でも知っています。 今より 面積だけ比較しても広かったと言うことを知っても 驚かないぐらい有名です。 ただ 東京・府中からだと ちょっと遠いかな。 歳とったからね。 花菖蒲の育て方はこちらでどうぞ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小品盆栽 木苺 です。

木苺は実が赤い時点では まだ熟していません。 でも 景として見るには この時点が綺麗です。 紫黒くなると 甘く熟して美味しいです。 最近のスーパーで売っている果物は 皆甘すぎて糖分が多すぎます。 もっとも 売る為の競争で甘いということが競争に勝つ勝負の分かれ目らしいです。 健康アドバイザーは 果物の取り過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付 夏茱萸(なつぐみ)です。

茱萸も 花が咲いて 1ケ月程で実が付色づいてくれます。 景としても見ごたえがあります。 当然 食べ物としても 甘酸っぱくて美味しいです。 昔は どこの家の庭にも1本や2本はありました。 今は 庭の広さまで効率化の波で 小さく小さくなって言ってます。 茱萸の育て方はこちらでどうぞ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付 金糸梅 です。

金糸梅は 今公園等で人気の未央柳(びょうやなぎ)と間違えられます。 もし 見分けたければ 未央柳の雄蕊は 金糸梅より数段長いです。 梅雨時は 赤や青色の花より 白色や黄色の花が似合います。 私の談です。 枕草子の清少納言が言ってくれてたら良かったのですが。 金糸梅の育て方はこちらでどうぞ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more