苔玉付 九蓋草(くがいそう)です。

九蓋草は
鳥が糞をして
糞の中の種が生育してくれました。
それが
なんと一番大事にしている冬の花蕨の苔玉でした。
初めは
葉芽が出て
草の茎が伸びてもなんの草かなと訝っていました。
雑草として
抜かずにおいたことはじぶんでも感心しています。
盆栽でも
野菜作りでも
雑草をほっておくことが一番悪いことです。
雑草らしいけれどもう少し見極めてから抜こうと思いました。
そうこうするうちに(3、4年経って)
花芽が出たので眺めていると
どこかで見た花だなーーーーっと。



投稿の苔玉作りの主役は冬の花蕨です。

岩苔玉上の全面下に今でも完全に枯れずに残っています
私の山野草の中では最上級の野草です。

くがいそうは
同居していますが、芽の出る時期が違った為除かなくて良かったです。



画像



画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック