岩苔玉付  吾亦紅(われもこう)です。

万葉時代の人々は
こんな風情のある吾亦紅を
どうして和歌に詠まなかったのでしょうかね。

秋の七草にもないし。

まあ良いか。

私一人で
吾亦紅の良さを
若い人や未来の人々に訴え続けるとしよう。
ちょっと
格好を付け過ぎかな。

まあでも
この良さを見てやってください。

吾亦紅の育て方はこちらでどうぞ。



画像

"岩苔玉付  吾亦紅(われもこう)です。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント