赤花の桜草です。

赤花は白花よりちょっと弱いです。 育てるのに重要なのは出来れば毎年の植替です。 育て方の詳細は下記でどうぞ。 http://www.bonsai99.jp/yasouno522aa.html#1404sakurasou
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤です。

桜の後の藤。 人気です。 素晴らしいですよね。 藤はズボラな人が育てると良いです。 現に私はズボラです。 理由は 育てるのに何もしないのが良いのです。 水遣りだけはしなくてはダメです。 他は全てやりません。 肥料も剪定もです。 育て方の詳細は下記でどうぞ。 http://www.bons…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付のもみじの茜です。

もみじの茜はいわゆる茜色です。 3月~4月中旬ぐらいまでこの色です。 後は色は褪せますが、 葉の手型がはっきりしていて可愛らしいです。 写真の岩苔玉付の頂上の左の樹は皐月です。 6月になると花が楽しめます。 育て方等は下記URLでどうぞ。 http://www.bonsai99.jp/iwakokeya…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中品盆栽の紫木蓮です。

紫木蓮は枝が荒くてとても盆栽としての 細やかさはありません。 私は紫木蓮が好きなので構わず育てています。 たった1個ですが、花が咲きました。 嬉しいですね。 育て方等は下記URLで見てください。 http://www.bonsai99.jp/2002.04.kabokuno514.html#1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

種から18年目で初めて花梨の花が1個付きました。

盆栽樹の実物としては 花梨と老鴉柿が人気です。 私も花梨樹は好きなのでもう一つ増やしたいなと思ってました。 18年前に 他の樹でなった花梨の実の種を蒔きました 5、6年で花ぐらい咲くだろうと調べもせずに水遣りしてました。 その内に花が咲かない事も忘れて他の樹の手入れをしていました。 なんとなんと 全体の樹に何時もと変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐水木が咲きました。

春は黄色の花が多いです。 こちら東京・府中は植物の開花が全体的に遅れています。 土佐水木も遅れています。 育て方等は 下記URLでどうぞ。 http://www.bonsai99.jp/2002.02.5.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付の猫柳です。

当岩苔玉の主力は雲仙躑躅です。 そこに 脇役として猫柳を挿し木しました。 猫柳の樹が成長してくれて 脇役のはずがこのように場合により主力を脅かします。 猫柳は水を好みます。 鉢植えの場合 日陰に置いたとしても 夏は2回の水遣りが必要です。 岩苔玉上は更に条件が悪いです。 水遣りの水が流れやすいからです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付の黄梅が咲きました。

育て方 1 水遣り       春~秋:1回/1日       冬:1回/3日 2 植替       A 植替時期: 花後即から彼岸迄       B 植替用土:赤玉土               C 岩苔玉付の場合は植え替えができないので岩苔上の         黄梅の根がある辺をナイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんとか白梅の白加賀が咲きました。

やっと 白梅が咲きました。 2014年は こちら東京・府中でもご存知の大雪を2度経験しました。 添付写真は 梅の盆栽の白加賀(今でも人気で売られている実のなる品種)です。 初心者が 鉢で植物を育てるには 梅に限らず難しく考えないことです 肥料はどうするとか(肥料は遣らなくても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩苔玉付の梅の盆栽の紅梅が咲きました。

こちら 東京・府中市でも 2014年は2回の大雪がありました。 2回目は テレビ等で言われている経験したことのない積雪でした。 50cm弱の雪が積もりました こちらは東京都ではありますが、都心より20cmは更に積もります。 梅の咲く時期がこんなに遅れたのも珍しいです 梅の枝枯を防ぐ方法 梅は花を咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一輪咲の福寿草です。

私は 20年間程 苔玉付の福寿草の大株を育てています その株を 2013年11月に 株分けして 福寿草の花芽の1個をこの鉢に移植しました。 育て方 福寿草を毎年咲かせるには 花の後の2月末頃迄に葉が伸び出します その葉を大事に育てます 肥料は葉が出だした頃(2月末or3月)に 10cm径の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挿し木成功の梅の苗の根の出方。

2013年6月に 梅の挿し木をしました。 5本挿し木をしたうち 2本成功しました。 添付写真は挿し木から 約6ケ月後の挿し木成功の苗の根の出方です。 上側は根も出ています。 10月末迄葉が付いてました。 下側は カルスのみです。 9月末に葉が落ちました。 でも挿し穂軸は緑色しています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒蘭が咲きました。

添付写真は寒蘭です。 東洋蘭の一つです。 自然には峡谷等に へばりついて生きているようです。 約10年前 会社の同僚に株を分けてもらいました。 私は岩苔玉に付けて 約10年ほど育てています。 育てるには水やりが重要です。 流れる水は好きで留まる水が嫌いです。 また 茎が伸びて花芽が出来た12月頃は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老爺柿の小品盆栽です。

2012年はこの老爺柿で ブログの最終更新です。 皆様見ていただきありがとうございました。 2013年もよろしくお願いいたします。 老爺柿は こちら東京・府中の大國魂神社の祭の植木市で買いました。 ひょろひょろ苗を600円で買いました。 植木屋さんは 実は簡単に付くよと言っていたのです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

檀の岩苔玉付の盆栽です。

檀。 1 ニシキギ科。 2 落葉小高木。 3 山野に生え、庭木ともする。 以上  大辞林より抜粋。 檀は 溢れ出るような真赤な実が可愛らしいです。 初冬の寒々とした周囲をぱっと明るくしてくれます。 こちら東京・府中の夏冬とも屋外で育てられます。 挿し木も簡単です …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔓梅擬(つるうめもどき)の岩苔玉付の盆栽です。

蔓梅擬を この岩苔玉上に挿し木しました。 これでも 十数年経ってます。 蔓梅擬は挿し木の成功率は百発百中です。 初冬の寒々とした庭に赤い実が映えて幾つもの樹を育てています。 蔓梅擬は丈夫です。 東京・府中の夏冬とも屋外で育てられます。 にほんブログ村 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檸檬(れもん)の小品盆栽です。

檸檬。 1 ミカン科。 2 常緑低木。 3 インド原産。 4 暖帯で広く栽培される。 以上 大辞林より抜粋。 檸檬は こちら東京・府中の冬は屋外で育てるのは難しいです。 安全に育てるなら室内が良いです。 場所がないなら、 北風を避けてビニール等の袋をかけます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蜜柑の実姿の小品盆栽です。

この蜜柑は温州です。 今でも人気種です。 こちら 東京・府中ですと 冬はビニールの袋等で保護した方が良いです。 0度が3日程続くと弱らせてしまう年も出ます。 安全をふむなら 冬は室内か温室が良いです。 また 春から秋にかけては アゲハ蝶等に注意します。 ぼやっとしていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老爺柿(ろうあかき)の岩苔玉付の盆栽です。

今日の写真の老爺柿は挿し木をしました。 挿し木の6年生です。 まだ若い樹ですが、花が1個咲いてくれました。 運良くその1個が実を付けてくれました。 挿し木も簡単に付きます。 実を付けたければ雌木を挿し木します。 但し 別途雄木も必要です。 老爺柿は丈夫で 盆栽の実を付ける樹としては人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蔓梅擬(つるうめもどき)の岩苔玉付の盆栽です。

蔓梅擬。 1 ニシキギ科。 2 蔓性落葉低木。 3 雌雄異株。 以上 大辞林より抜粋。 蔓梅擬は丈夫です。 オーバーに言えば こんなに丈夫な植物はないと言うぐらいです。 水遣りはしないとダメなのは当然です。 挿し木も簡単です。 東京・府中の夏冬共屋外で育てられます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檀のミニ盆栽。

檀。 1 ニシキギ科。 2 落葉小高木。 3 山野に生え、庭木ともする。 以上  大辞林より抜粋。 2011年の春に花芽のある枝を挿し木しました。 2011年に実が付きました。 樹が疲れているだろうと思っていたのですが、 2012年も花芽が付いて実もなりました。 蒴果から真赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柚子の実姿の小品盆栽です。

柚子。 1 ミカン科。 2 常緑小高木。 3 中国原産。 以上  大辞林より抜粋。 柚子は こちら東京・府中の祭の植木市で苗を買いました。 小さな苗が800円でした。 初めは 樹高が1m程になり実もかなり取れました。 実を主に考えていたのですが、 盆栽にしよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦木の雑木林の実姿の小品盆栽です。

錦木。 1 ニシキギ科。 2 落葉低木。 3 山野に自生し庭木ともされる。 以上  大辞林より抜粋。 錦木は挿し木が簡単な為 そこらじゅうに挿し木をしてどんどん増えてしまいます。 今日の写真は 2011年の4月に挿し木をしました。 一鉢に太い枝、細い枝を適当に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豆柿のミニ盆栽です。

盆栽用の柿としては 老爺柿がもっとも好まれています。 というより 老爺柿は盆栽樹として人気抜群です。 豆柿は 育てている人の割合は少ないですが それでも人気です。 今日の写真は ミニとして育てていますので 実の数等でちょっと見劣りします。 もう少し大きな鉢で大きく育てると見映え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄葉の楡欅(にれけやき)のミニ盆栽です。

楡欅。 1 ニレ科。 2 落葉大高木。 3 山地に生える。 以上  大辞林より抜粋。 丈夫です。 盆栽とするには 毎年新芽摘を欠かさずに繰り返すことです。 春以後、 5、6節芽が伸びたら2、3節残して芽を摘みます。 芽が伸びる夏頃まで続けます。 言うは易しです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の満天星(どうだんつつじ)の岩苔玉付の盆栽です。

満天星(灯台躑躅) 1 ツツジ科。 2 落葉低木。 3 山地に自生し、観賞用に広く栽植される。 以上  大辞林より抜粋。 庭園や公園のあちこちで見られます。 庭や街路樹としても重宝されてます。 春の白い筒丈の花も 夏の緑葉も 秋の紅葉も見事です。 特に 紅葉の環境…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の山もみじの岩苔玉付の盆栽です。

山もみじは山野に自生する一般的なもみじです。 園芸品種の元(接木台)にもなります。 今日の写真の岩苔玉付きは 数年、鉢で育てた山もみじを付けました。 東京・府中ですと 山々のように、紅葉の環境条件がよくないですが これはこれで美しいです。 また 春の新芽から冬の裸木(葉の落ちた姿)まで1年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の秋川もみじの小品盆栽です。

秋川もみじは こちら東京・多摩地方の秋川渓谷で種を拾ってきました。 今日の写真で数十年経ってます。 紅葉の有名なもみじの観光地の樹の種は 親樹よりも劣るにしても成長すれば綺麗な紅葉を見せてくれます。 秋川もみじは ただ赤くなるのではなく 赤や黄色の混じった紅葉を見せてくれます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉のもみじの獅子八房の小品盆栽です。

獅子八房はもみじの園芸品種です。 獅子八房の紅葉の特徴は赤黒くなり 中に緑の葉の色が残っていたりして 他のもみじの紅葉に類を見ない艶やかさです。 今日の獅子八房の樹の 私の自慢は根です。 その辺の盆栽店でもこんな良い根の樹は売ってません。 販売すれば ¥6000000円です。 あはは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉のもみじの青雲閣の小品盆栽です。

青雲閣はもみじの園芸品種です。 小葉です。 葉が縮れています。 夏葉は緑が濃くて清々します。 葉が小葉と言うことと、枝も節間が短かく かつ 成長が遅いので小品盆栽に向きます。 但し 細かな枝は出ません。 紅葉は真っ赤というより橙色系となります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉のもみじの青葉城のミニ盆栽です。

青葉城はもみじの園芸品種です。 名前からすると 仙台付近に在住の園芸農家の方が作られたのかもしれませんね。 今日の写真の青葉城はちょっと大きくなった樹を取り木して作りました。 取り木をすると 根はまだまだですが、樹の形はまあまあです。 最近の夏の異常な暑さは もみじのミニ盆栽には過酷(枯れないま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の唐楓の岩苔玉付の盆栽です。

岩苔玉には 鉢で育てた苗を付けました。 この岩苔玉上には 他にしゅんらんや桜草が同居しています。 それぞれの季節にそれぞれの出番となって楽しんでいます。 今日の写真は 岩苔玉付の私が決めている裏表を撮りました。 上の写真は裏です。 下の写真が表(盆栽で言う正面です) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤花の大文字草の岩苔玉付の盆栽です。

大文字草。 1 ユキノシタ科。 2 多年草。 3 山中の湿った岩などに生える。 以上  大辞林より抜粋。 赤花は園芸品種です。 原種の白花は丈夫で種で自然に増えます。 赤花はちょっと弱いです。 今日の写真の赤花は2012年の夏に大失敗しました。 8月の末頃に 葉の殆どが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉のもみじの清姫のミニ盆栽です。

清姫はもみじの園芸品種です。 園芸品種の中で 盆栽として人気の品種です。 清姫は小葉は小葉なんですが、 今日の写真ではまだまだ荒く育っています。 ミニにするには これから何年も、もう少し手入れ良く(芽摘みを繰り返す)育てて 手入れの良さによる詰まった樹とするつもりです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄葉の唐楓のミニ盆栽です。

今日の唐楓は ぼやっと大きくしてしまった楓を 細い枝のある上で ずぼっと切りました。 ミニ盆栽にしようと苦心しています。 今のところ 考えている通りに進んでいます。 根も良いし、 根から幹への流れも良いし 後は細やかな枝が増えてくれることを望んでいます。 そのためには 春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄葉の銀杏の苔玉付の盆栽です。

銀杏。 1 イチョウ科。 2 落葉高木。 3 中国原産。 4 雌雄異株。 以上  大辞林より抜粋。 今日の写真の銀杏は 鉢で数年育てた銀杏を苔玉に付けました。 今日の銀杏のことではありませんが、 銀杏は 私が30才の頃(40年前)に 植物を育て出した最初の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉のイロハカエデのミニ盆栽です。

イロハカエデはもみじの基本的な種です。 様々なもみじの園芸品種は 例えばイロハカエデ系とかに区分けされます。 また 紅葉の名所のもみじはイロハカエデが多いと言われています。 ですから 紅葉の名所の種を拾って蒔くとか 苗を売っていれば買って育てれば 親樹よりは劣りますが、紅葉条件が悪い地域で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉のもみじの琴の糸の盆栽です。

琴の糸はもみじの園芸品種です。 もみじの園芸品種は300種ともそれ以上とも言われています。 園芸品種は 特に春の新芽葉や初夏から夏の緑葉の美しさを競そっています。 また斑入り葉や 幹の色変わりの美しさを競そっています。 かつ 紅葉も綺麗であれば三拍子そろった 稀なる絶品となります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピラカンサの実姿の小品盆栽です。

ピラカンサ。 1 バラ科トキワサンザシ属の植物の総称。 2 南ヨーロッパ、中国などに6種が自生。 3 日本ではタチバナモドキ、トキワサンザシなどが栽植されている。 以上  大辞林より抜粋。 実物盆栽の人気樹種です。 橙黄色に熟す樹もあります。 盆栽として人気の理由は 実が小さいし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉のもみじの爪紅の小品盆栽です。

爪紅はもみじの園芸品種です。 春の新芽葉は見事です。 紅葉も綺麗です。 紅葉を 綺麗にするには どんな樹でも 秋の紅葉の時期まで樹を丈夫に育てることです。 ミニや小品は その点ではどうしても劣ります。 鉢が小さいために管理を怠らずに水遣りができるかどうかに 出来映えはかかってき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の宮島もみじのミニ盆栽です。

宮島もみじは 広島在住の家内の姉に買っていただきました。 紅葉の有名な観光地で売られている苗は 親よりは劣るとしても 良い苗が手に入れられることが多いです。 こちら 東京の多摩地方の 秋川渓谷や 御嶽山や 高尾山 付近で 種を拾って蒔くと 紅葉の良い樹を得ることが多いです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の山もみじのミニ盆栽です。

山もみじは 日本の代表的なもみじです。 盆栽としては ちょっと葉が大きいかなっと言う感じです。 でも 普通の大きさの盆栽では主力の一つです。 私のように ミニ盆栽としてはちょっと葉が大きいです 但し 芽摘み等の手入れを怠らずに年数が経つと 現状よりも小葉の詰まった樹になると思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉のブルーベリーの小品盆栽です。

ブルーベリー。 1 ツツジ科。 2 コケモモ属の低木の一群で果樹として栽培されるものの総称。 3 北アメリカ原産。 以上。  大辞林より抜粋。 ブルーベリーは 何と言ってもご存知の果実の美味さです。 鉢で育てても 簡単に花が咲き、実が成ります。 実の時期に鳥に喰われないよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紅葉のずい菜の小品盆栽です。

ずい菜。 1 ユキノシタ科。 2 落葉低木。 3 暖地の山中に自生。 4 若葉を食用にする。 以上  大辞林より抜粋。 ずい菜は意外に紅葉が綺麗です。 それも 紅葉の環境が悪いこちら東京・府中でも綺麗です。 花も綺麗ですよ。 春の花も 地味なようでぱっと華やかです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大文字草の岩苔玉付の盆栽です。

大文字草。 1 ユキノシタ科。 2 多年草。 3 山中の湿った岩などに生える。 以上  大辞林より抜粋。 この岩苔玉には 鉢で育てている大文字草の種が溢れて生えてきてくれました。 白花は丈夫で このように生えてきます。 でも 赤花はなかなか自然に生えてきてくれません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の唐楓のミニ盆栽。

唐楓。 1 カエデ科。 2 落葉小高木。 3 中国原産。 楓は種類によって黄葉したり、紅葉したりします。 私が育てている限りで観察すると 秋には 生育の条件、環境の条件によっても様々な色に変化します。 育てるには 丈夫です。 東京・府中の夏冬とも屋外で育てられます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄葉の菜振木(ざいふりぼく)の小品盆栽です。

菜振木。 1 バラ科。 2 落葉小高木。 3 山野に自生。 以上  大辞林より抜粋。 菜振木は 初夏の赤い実が輝いて素晴らしいです。 秋の黄葉も 他の樹では見れないピンク黄色と言う色です。 写真の 葉の色が素直に撮れてないので残念です。 でも なんとない感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫濃葉の連翹(れんぎょう)の小品盆栽。

連翹。 1 モクセイ科。 2 落葉低木。 3 中国原産。 以上  大辞林より抜粋。 様々な樹や草が 赤、黄色に色付く頃 この紫黒色の葉は異様に輝きます。 連翹の春の黄色の花、また黄緑色の葉からは とても想像できません。 私はとても気に入ってます。 連翹は公園、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more